「事業報告」カテゴリーアーカイブ

東部9JC合同公式訪問例会

3月14日(火)沼津の地にて東部9JC合同公式訪問例会が開催されました。

静岡県の東部地区(伊豆も含む)にある9つの青年会議所が一堂に介する毎年恒例の例会です。開催場所は持ち回りで、今年は沼津市にて開催されました。

まずは例会セレモニー。
9つもの理事長が同じ場で挨拶する光景も、合同公式訪問例会ならではです。

東部9JC_170324_0009
image-2843

 

富士青年会議所、大草理事長の挨拶。

例会セレモニーの後は、近年入会年度の浅いメンバーが多くなってきたという背景もあり、東部9JC内でも経験が豊富である遠藤啓太先輩、杉澤教人先輩、稲村明子先輩による講演が行われました。

東部9JC_170324_0011
image-2844

杉澤先輩は、JC活動の前に家庭ありきで、とにかく家族に理解を求めること、そして、更には職場にも理解を求めることで、より豊かなJC活動にしやすいと語りました。

東部9JC_170324_0010
image-2845

稲村先輩は、JC生活とにかく食わず嫌いではなく、食べてから(実際にやってみて)判断してほしいとのことでした。若いから挑戦することが大事と語りました。

 

東部9JC_170324_0012
image-2846

遠藤先輩は、渉外を担当し、海外にJCIを作る役を担っており、海外に眼を向けるとまた世界が広がると語りました。

 

東部9JC_170324_0016
image-2847

講演会後は、静岡ブロック協議会の各委員会による今後の事業についての説明がありました。

 

例会セレモニー、講演会を終え、懇親会で各地青年会議所の交流を深めました。

 

アトラクションとして各地青年会議所対抗で今年度スローガンを書いた風船を膨らます対決をおこない、見事富士JCが優勝しました。

 

懇親会の中では、富士青年会議所60周年記念式典、富士市にて開催される東部9JCじゃがいも大会(ゴルフコンペ)のPR活動をさせていただきました。

青年会議所の活動意義、魅力を感じ、静岡県東部地区9つの青年会議所との一体感を再確認することのできた例会となりました。

 

富士市だョ!青年集合

3月4日(土)拡大まちづくり委員会事業「富士市だョ!青年集合」を開催致しました。地域の青年とJCメンバーがチームを組み「学び」「気付き」「仲間」を持ち帰って頂くため、昼の部と夜の部の2部構成とし、参加合計人数93名と盛大に開催する事が出来ました!
昼の部では入会年数3年以下の若いJCメンバーのうち、7名がチームリーダーに選出され、第一部ではシノハラプロダクション代表篠原陽子氏をお迎えし「スキルアップ研修」と題し、コミュニケーション力や人前での話し方などを学びました。
そして第二部では富士市長小長井義正氏をお招きし、現在の富士市の課題と富士市の未来について直接語って頂きました。市長からのメッセージを受けて各チームで「若者が住みたいと思える魅力的な富士市にする為には」というテーマでアイディアを出し合い、チーム発表まで行いました。審査員には小長井市長、篠原先生をはじめ、富士青年会議所の現役メンバーでもある市議会議員の小池義治君、下田良秀君、前衆議院議員吉川赳君、そして理事長大草忠政君が行いました。
どのチームも短時間で素晴らしいアイディアを出して頂き、優秀賞が2点選ばれました。
① チームジャスティス「富士山麓のあったか子育て~君はひとりじゃない~」
② 富士Eチーム「社会資本のイノベーション」
 この2つのアイディアは、実現性も高く今後の富士市のまちづくりにも生かせるものでした!
昼の部はこうしたチームでの関わりが多かったため、会場全体にとても笑顔が多く、参加して頂いた方がすぐに打ち解け多くの仲間を持ちかえる事が出来たのではないかと思います。
そして会場をロゼシアターレセプションホールに移し夜の部が行われました。多くの青年の繋がりを作る為、昼の部からの参加者は更に盛り上がり、夜の部から参加した方もその輪に入って大いに盛り上がりました。そして夜の部では、同世代で頑張っているまちの青年として「富士山若手交流会」の代表宮川君「ふじまる」代表中田さんに現在の活動をお話頂きました。同世代の若者の活躍はやはり刺激を受けました。
最後は今日1日を振り返るメッセージ映像を流し、副理事長櫻井新一君の熱いメッセージで締めくくられました。
 今回の事業は青年会議所3信条「トレーニング」「サービス」「フレンドシップ」を取り入れた内容となっており、同世代の多くの青年に体感していただけたのではないかと思います。また富士市の問題は我々青年の問題であり、私達の世代がこのまちの未来を創っていかなければならない事を改めて感じる事が出来た事業となりました。

 image4

image11

image7

image13

image17

image20

image22

image30

image32

image33

image34

 image35

image38

image39

image43

image42

2月例会・第79回定時総会

2017年2月16日(木)ラ・ホール富士にて2月例会・第79回定時総会が開催されました。

 

【2月例会】

冒頭の理事長挨拶では、大草忠政理事長より、JCに未だのめり込めていなかった入会当初の思い出話からその後JCへの熱い想いへと至った経緯を語っていただき、例会がスタート。

本例会では恒例の3分間スピーチに加え、第1期新入会員認証式が行われ、2名の新しい仲間が誕生しました。これからの活躍に期待です。

 監事所見では、石井肇監事より国旗に対する礼節をどう考えるべきか、また総会開催にあたっての心構えについて、メンバー全体に対し説いていただきました。

1487377512057

「(理事長挨拶)大草忠政理事長」

1487378475762

「(3分間スピーチ担当) 青少年育成委員会 野口栄一委員長」

 ~2017年度のテーマは、前向きに取り組んでいること・・・~

1487378475281

「(3分間スピーチ)拡大まちづくり委員会 望月大輔君」

1487378475081

「(3分間スピーチ)青少年育成委員会 斉藤寛明君」

1487378438551

 

「(新入会員認証式) 拡大まちづくり委員会 福村通翁委員長」

1487378474831

「新入会員銓衡委員会 委員長代理 磯野陽平議長」

1487378399186

「新入会員 佐野哲也君(右)と櫻井新一副理事長(左)」

1487378398351

 

「新入会員 小林正信君(左)と大草忠政理事長(右)」

1487378363660

「河西雄大 専務理事より所属委員会の発表」

1487378398960

「新入会員を挟み、記念撮影」

 

 

【第79回定時総会】

例会終了後、第79回定時総会が開催され、2016年度事業報告・決算報告、並びに2017年度修正事業計画・修正予算に関し、審議をはかりました。

 中村佳克議長の進行のもと、活発な質疑応答も行われた結果、無事全ての議案が承認されました。

1487378253557

「(総会議長)会員交流国際委員会 中村佳克君」

1487378319915

「齊藤貴久 事務局長」

1487378320322

「(総会司会)佐野純也 事務局次長」

「(議事録担当)拡大まちづくり委員会 葛本才陽君(左)、井出幸輝君(右)」

1487377619816

「(質問)60周年担当委員会 稲葉敬太君」

1487377620085

「(質問)青少年育成委員会 鳥居祥子君」

1487377620247

「小澤有祐 財務理事」

1487378253333

「鈴木正浩先輩(左)、石井肇先輩・外部監事(中央)、小澤洋幸先輩(右)」

1487378253023

「望月康平監事」

 

60周年を迎える2017年度、今一度しっかりと気持ちを引き締め、前向きに、心をひとつに、JC運動を邁進しましょう。

 

担当:渉外委員会

「目指せ!理事長」~次世代を担う若きJAYCEE達へ~

27()ラ・ホール富士にて拡大まちづくり委員会事業「目指せ!理事長」~次世代を担う若きJAYCEE達へ~を開催致しました。

本事業は会員の研修事業として日本JC公認プログラムである「JCゲーム」を使い、すべての参加メンバーに本気で理事長を目指して頂き、楽しい雰囲気の中で今後のJC活動の疑似体験をして頂きました。

入会歴の浅いメンバーはこれからのJCライフで得られる気付きや体験を感じながら、各役職の役割を理解し、理事経験者や入会歴の長いメンバーも、疑似体験の中で本気で理事長を目指すことで、自らがその意味について考えたり、振り返ったりすることができ、多くの気付きを得ることができた事業となりました。

日本JCよりお越しくださいました「大阿久友信トレーナー」「嶋田亮アシスタントトレーナー」本当にありがとうございました。

40歳までと限りある青年会議所活動の中で、様々な体験・経験を積み、訪れたチャンスを見逃すことがないよう前向きに活動していく!これは一度しかない人生においても同じ事が言えるのではないでしょうか。この事業での気付きを今後のJC活動だけではなく自分の人生にも活かしてくれる事を期待しています。

最後に今回の事業で見事理事長になったのは会員交流国際委員会の塩崎亮介君でした!見事な理事長挨拶(仮)も決まっていましたね!

 01

2017年度理事長 大草忠政君

 

02

拡大まちづくり委員会 委員長 福村通翁君

 

03040506070809101112131415162425

26

会員交流国際委員会 塩崎亮介君

27

担当副理事長 櫻井新一君と大阿久友信トレーナー

28

嶋田亮アシスタントトレーナー

担当:拡大まちづくり委員会

京都会議

1月19日(木)より22日(日)までの4日間に渡り行われた京都会議に大草忠政理事長をはじめとする富士青年会議所メンバー総勢24名で参加してまいりました。

全国からの会員でものすごい人混みの京都国際会館。富士青年会議所メンバーの安藤ひろ枝君の出向先の公益資本主義推進会議のセミナー「白熱教室」に参加させていただき、また、日曜日には毎年恒例の八坂神社での参拝を済ませた後、会頭所信を拝聴してまいりました。

普段とはまた違った「京都」での昼食会や全体懇親会はとても熱気にあふれ、会員の交流もより一層深まりました。

 今年の青木照護会頭が掲げる「世のため人のためが自分のため」や「日本道」を心に刻み、会員が心をひとつに1年間前進していきたいと思います。

京都会議_170125_0004

京都会議_170125_0005

京都会議_170125_0007

京都会議_170125_0008

京都会議_170125_0010

京都会議_170125_0011

京都会議_170125_0013

京都会議_170125_0014

京都会議_170125_0015

京都会議_170125_0016

 

1月例会

119()ラ・ホール富士にて1月例会が開催されました。

本例会は2017年度、最初の例会ということもあり、理事長所信表明や出向者紹介など1年のはじまりに相応しい、フレッシュで大変意義のある例会となりました。

理事長所信表明では「皆が主役 心をひとつに Be positive! Be active! 富士JC!」をスローガンに掲げた大草理事長の、熱い想いをお話いただきました。そして富士JC創立60周年、江西JC姉妹締結30周年となる記念すべき1年を、メンバー全員がひとつになり前向きに行動していこう!と力強くメンバーに伝えて頂きました。

また出向者紹介では、渉外委員会の高木委員長が出向の説明をした後、出向者が一人ずつ意気込みを熱く語りました。出向先での成果を必ず持ち帰りたいとの前向きな意見を多く聞く事ができ、1年後の成長を約束してくれました。

 全体を通じて、2017年度に対する期待や希望を抱きつつ、責任を持って行動することを自覚することのできる非常に気持ちの引き締まる1月例会となりました。

201701-1

理事長挨拶:第60代理事長 大草忠政君

201701-2

出向者紹介:渉外委員会 委員長 高木哲士君

201701-3

出向者:安藤ひろ枝君

201701-4

出向者:藤田峻弘君・佐野弘明君

201701-5

 出向者:田中彰君

201701-6

出向者:稲葉敬太君・頃安淳介君

201701-7

出向者:井出悦計君

201701-8

出向者:鳥居祥子君

201701-9

3分間スピーチ:矢崎貴也君(渉外委員会)

201701-10

3分間スピーチ:杉澤大地君(60周年担当委員会)

201701-11

<おめでた> 昨年1223日に入籍した伊藤浩二

 担当:拡大まちづくり委員会