「事業報告」カテゴリーアーカイブ

わんぱく県大会

6月18日(日)第26回わんぱく相撲静岡県大会 袋井場所が開催されました。
富士場所にて4、5、6年男子優勝者3名、高学年(4,5,6年)女子優勝者1名の計4名が、富士代表として出場しました。
富士場所終了後、県大会に向け練習を行ってきました。
その成果が実り、4年生女子:2位、4年生男子:3位、5年生男子:4位、6年生男子:2位と、好成績を収めることができ、全国大会への切符を勝ち取ることができました。
勝ち負けも大切ですが、相撲を通じ、チーム富士としてわんぱく力士、ご家族、JCメンバーが心がひとつになれた大会でした。
全国大会においても、力を出し切ってほしいと願います。
わんぱく県大会_170627_0001 わんぱく県大会_170627_0002 わんぱく県大会_170627_0003 わんぱく県大会_170627_0004 わんぱく県大会_170627_0005 わんぱく県大会_170627_0006 わんぱく県大会_170627_0007 わんぱく県大会_170627_0008 わんぱく県大会_170627_0009 わんぱく県大会_170627_0010

6月例会

事業:6月例会   担当:青少年育成委員会
6月15日(木)ラ・ホール富士にて6月例会が開催されました。
本例会では、第44回JC青年の船「とうかい号」の乗船者報告、新入会員認証式を行いました。
乗船者報告では、一般乗船者7名(内4名例会出席)、富士JC乗船者2名から、とうかい号から得たさまざまな報告を聞き、その報告の内容・姿から、成長した姿がはっきりと感じられました。
新入会員認証式においては、4名の方が新たに富士JCメンバーの一員となりました。
新入会員も含め、より一層心をひとつにしていこうと感じる例会となりました。
1
写真1 理事長挨拶:第60代理事長 大草忠政君
2
写真2 唱和①青少年育成委員会 井出悦計君
3
写真3 昭和②青少年育成委員会 内田壮彦君
4
写真4 ㈱アイ・ブロード 後藤辰典さん     
5
写真5 ㈱イーシーセンター 佐藤圭さん
6
写真6 富士市役所 勝亦理江さん
7
写真7 ㈱なすび ロゼテラス 吉澤直生さん
8
写真8 富士JC乗船者:佐野弘明君
9
写真9 富士JC乗船者:藤田峻弘君
10
写真10 3分間スピーチ:西村哲哉君
11
写真11 3分間スピーチ:稲葉大輝君
12
写真12 新入会員認証式:(左)長谷川誠君、(右)理事長:大草忠政君
13
写真13 新入会員認証式:(左)小山琢磨君、(右)副理事長:櫻井新一君
14
写真14 新入会員認証式:(左)土屋聖海君、(右)副理事長:金刺哲弥君
15
写真15 監事所見 2017年度監事 望月康平君

第44回JC青年の船「とうかい号」支援

担当:渉外委員会

5月28日(日)に出航した第44回JC青年の船「とうかい号」が1週間の船内研修を終えて6月3日(土)に無事帰港致しました。

 (一社)富士青年会議所からは一般乗船者7名、JC乗船者2名を輩出させていただき、メンバー一丸となって支援を行いました。

一般乗船者7名は「とても濃い時間でした。」「素晴らしい旅でした。時間の大切さを改めて実感しました。」「意見をぶつけ合いました。もう1回乗りたいです!!」などの言葉とともに皆笑顔で下船してくれました。

これからの人生の中でこの経験と学びを活かしていっていただきたいと切に願います。

また、JC団員として乗船した富士青年会議所メンバーの佐野弘明君、藤田峻弘君も睡眠時間を削っての1週間、「極限の中での企画や設営というものを体験できました!!」と、疲れを見せながらも充実感に満ちあふれた表情で降りてきてくれました。

乗船者の支援を通じ、私たちメンバーも多くのことを勉強させていただきました。ご輩出いただきました企業・機関様に心より感謝申し上げます。

 image1

出航前日、乗船する藤田峻弘君、佐野弘明君と激励する大草理事長他

image2壮行会

 image3出航日の一般乗船者7名他

 image4富士JC見送りメンバー

 image5お出迎えに来られた輩出企業の(株)アイ・ブロード様

image6帰港式

 image7チームA-2

image8

image9下船直後

image10富士に到着

image11心をひとつに!!

image12藤田峻弘君、佐野弘明君、お疲れ様でした。

5月例会

事業:5月例会   担当:拡大まちづくり委員会

5月18日(木)ラ・ホール富士にて5月例会が開催されました。

本例会では第44回JC青年の船「とうかい号」に乗船をする一般乗船者7名(内6名例会出席)の紹介を行い、例会終了後は激励懇親会を行いました。一人一人に乗船のきっかけや意気込みなどを話していただく中で、参加した6名すべての方が前向きで目的を持って乗船したいとお話し頂いた事がとても印象的でした。富士JCメンバーにも良い刺激となり、最大限のサポートをして行こう!と心がひとつになった例会となりました。

 image2

理事長挨拶:第60代理事長 大草忠政君

image1

唱和①拡大まちづくり委員会 小林正信君

image4

 唱和②拡大まちづくり委員会 望月大輔君

image3

唱和③拡大まちづくり委員会 佐野哲也君

image5

 乗船者紹介 渉外委員長 髙木哲士君

image7

 ㈱アイ・ブロード 後藤辰典さん

image6

㈱一商会 村松春花さん

image8

 ㈱イーシーセンター 佐藤圭さん

image9

赤池造園 赤池準一さん

image10

 富士市役所 勝亦理江さん

image11

㈱なすび 吉澤直生さん

image13

 3分間スピーチ①60周年担当委員会 山田司君

image12

3分間スピーチ②60周年担当委員会 湯澤秀斗君

image15

 おめでた①会員交流国際室 室長 佐藤亮君

image14

おめでた②拡大まちづくり委員会 井出幸輝君

image16

 おめでた③60周年担当委員会 杉澤大地君

image17

監事所見 2017年度監事 望月康平君

image19

 団員 拡大まちづくり委員会 佐野弘明君

image18

団員 渉外委員会 藤田峻弘君

image21

 昨年の一般乗船者の皆さんが激励に駆けつけました。

image20

富士JC江西JC姉妹締結30周年記念式典・記念事業

富士JC江西JC姉妹締結30周年記念式典・記念事業

会員交流国際委員会

4月7日、8日、9日の三日間で姉妹JC韓国ソウルの江西JCが訪日しました。訪日していただいた江西JCメンバーは現役17名、OB4名の計21名ものメンバーが訪日してくれました。訪日初日4月7日は記念式典をホテルグランド富士にて執り行いました。

富士JCからは歴代理事長、歴代国際委員長、その他に江西JCと縁のあるシニアメンバーの方々に多数ご臨席いただきました。ご来賓として富士市長でございます小長井義正様にも御越しいただきました、富士JCと江西JCのシニア・現役メンバーの皆さんが30年間の強固な友情を改めて確信した時間となりました。

2日目は記念事業として富士市立広見公園内にあります実習室にて手漉き和紙体験を行ないました。富士JC理事長と江西JC会長がお互いの国の国旗を手漉き和紙で作成しました、昼食は同じく公園内にある旧家稲垣家をお借りしてお寿司を振舞いました。

年に数回しか会う事が出来ない富士JCと江西JCですがお互いがお互いを本当の兄弟のように接するこの友情をこの先も永遠に続けていきたいと感じた3日間でした。

DSC02298 (1)

DSC02458

1492493723100

1492493742214

DSC02780

第28回わんぱく相撲富士場所

5月7日(日)第28回わんぱく相撲富士場所が開催されました。

富士市内小学生1~6年生 総勢110名もの多くの小学生に参加していただきました。

「礼に始まり、礼に終わる」土俵に立つ子どもたちは、とても元気な声であいさつをし、真剣に相撲を取り組む姿が見られ、また、勝って喜ぶ子、負けて悔し泣きをする子の姿も見られ、子どもたちの成長が目の前で感じられました。

6月18日(日)に静岡県大会が袋井の地にて開催され、富士市代表として、富士場所優勝者が参加予定です。

静岡県大会で入賞した際は、両国国技館にて全国大会も控えております。

今後も、わんぱく力士の成長を近くで感じさせていただきます。

IMG_9327

IMG_9411

IMG_9507

IMG_9541

IMG_9557

IMG_9595

IMG_9632

IMG_9727

IMG_9734

富士青年会議所・富士宮青年会議所 4月合同例会

4月13日(木)富士宮市市民文化会館 小ホールにて富士青年会議所・富士宮青年会議所の合同例会が開催されました。

富士JCは富士宮JCのスポンサーJC(※)ということもあり、また隣の市であることから日頃の親交も深く、毎年4月は合同で例会をおこないます。

(※)スポンサーJC:青年会議所未設立の地域の青年有志に働きかけ、設立を指導援護する青年会議所のこと。


一年ごとに交互に設営を行い、今年度は富士宮JCの担当でした。
今回の例会では富士宮JCの設営で講師として尾駒真理様をお招きし、「子どもの健やかな成長を支える大人のコミュニケーション力」と題し、子育てにおける子どもへの伝え方を通して、自分の想いを効果的に子どもだけでなく、ひいては実社会において伝えるスキルを学びました。

講演内で富士宮JC、富士JCメンバー混合で実際に伝え方の実践をおこない、効果的な伝え方を学ぶとともに富士宮JCのメンバーのみなさまと交流をすることができました。

101bb720a5242be4ee79c9cc667cb2a4bd5c65festd
image-2976

講演趣旨説明
(一社)富士宮青年会議所 全力少年委員会 
担当室長 金岡元一君


d18e1f61c684fc4182122270da91b90e4899729estd
image-2977

監事講評
(一社)富士宮青年会議所 監事 渡邉大亮君

79bfbf3fb12171c85f3d14bfe451d13e25266bd6std
image-2978

監事所見
(一社)富士青年会議所 監事 望月康平君

東部9JC合同公式訪問例会

3月14日(火)沼津の地にて東部9JC合同公式訪問例会が開催されました。

静岡県の東部地区(伊豆も含む)にある9つの青年会議所が一堂に介する毎年恒例の例会です。開催場所は持ち回りで、今年は沼津市にて開催されました。

まずは例会セレモニー。
9つもの理事長が同じ場で挨拶する光景も、合同公式訪問例会ならではです。

東部9JC_170324_0009
image-2843

 

富士青年会議所、大草理事長の挨拶。

例会セレモニーの後は、近年入会年度の浅いメンバーが多くなってきたという背景もあり、東部9JC内でも経験が豊富である遠藤啓太先輩、杉澤教人先輩、稲村明子先輩による講演が行われました。

東部9JC_170324_0011
image-2844

杉澤先輩は、JC活動の前に家庭ありきで、とにかく家族に理解を求めること、そして、更には職場にも理解を求めることで、より豊かなJC活動にしやすいと語りました。

東部9JC_170324_0010
image-2845

稲村先輩は、JC生活とにかく食わず嫌いではなく、食べてから(実際にやってみて)判断してほしいとのことでした。若いから挑戦することが大事と語りました。

 

東部9JC_170324_0012
image-2846

遠藤先輩は、渉外を担当し、海外にJCIを作る役を担っており、海外に眼を向けるとまた世界が広がると語りました。

 

東部9JC_170324_0016
image-2847

講演会後は、静岡ブロック協議会の各委員会による今後の事業についての説明がありました。

 

例会セレモニー、講演会を終え、懇親会で各地青年会議所の交流を深めました。

 

アトラクションとして各地青年会議所対抗で今年度スローガンを書いた風船を膨らます対決をおこない、見事富士JCが優勝しました。

 

懇親会の中では、富士青年会議所60周年記念式典、富士市にて開催される東部9JCじゃがいも大会(ゴルフコンペ)のPR活動をさせていただきました。

青年会議所の活動意義、魅力を感じ、静岡県東部地区9つの青年会議所との一体感を再確認することのできた例会となりました。

 

富士市だョ!青年集合

3月4日(土)拡大まちづくり委員会事業「富士市だョ!青年集合」を開催致しました。地域の青年とJCメンバーがチームを組み「学び」「気付き」「仲間」を持ち帰って頂くため、昼の部と夜の部の2部構成とし、参加合計人数93名と盛大に開催する事が出来ました!
昼の部では入会年数3年以下の若いJCメンバーのうち、7名がチームリーダーに選出され、第一部ではシノハラプロダクション代表篠原陽子氏をお迎えし「スキルアップ研修」と題し、コミュニケーション力や人前での話し方などを学びました。
そして第二部では富士市長小長井義正氏をお招きし、現在の富士市の課題と富士市の未来について直接語って頂きました。市長からのメッセージを受けて各チームで「若者が住みたいと思える魅力的な富士市にする為には」というテーマでアイディアを出し合い、チーム発表まで行いました。審査員には小長井市長、篠原先生をはじめ、富士青年会議所の現役メンバーでもある市議会議員の小池義治君、下田良秀君、前衆議院議員吉川赳君、そして理事長大草忠政君が行いました。
どのチームも短時間で素晴らしいアイディアを出して頂き、優秀賞が2点選ばれました。
① チームジャスティス「富士山麓のあったか子育て~君はひとりじゃない~」
② 富士Eチーム「社会資本のイノベーション」
 この2つのアイディアは、実現性も高く今後の富士市のまちづくりにも生かせるものでした!
昼の部はこうしたチームでの関わりが多かったため、会場全体にとても笑顔が多く、参加して頂いた方がすぐに打ち解け多くの仲間を持ちかえる事が出来たのではないかと思います。
そして会場をロゼシアターレセプションホールに移し夜の部が行われました。多くの青年の繋がりを作る為、昼の部からの参加者は更に盛り上がり、夜の部から参加した方もその輪に入って大いに盛り上がりました。そして夜の部では、同世代で頑張っているまちの青年として「富士山若手交流会」の代表宮川君「ふじまる」代表中田さんに現在の活動をお話頂きました。同世代の若者の活躍はやはり刺激を受けました。
最後は今日1日を振り返るメッセージ映像を流し、副理事長櫻井新一君の熱いメッセージで締めくくられました。
 今回の事業は青年会議所3信条「トレーニング」「サービス」「フレンドシップ」を取り入れた内容となっており、同世代の多くの青年に体感していただけたのではないかと思います。また富士市の問題は我々青年の問題であり、私達の世代がこのまちの未来を創っていかなければならない事を改めて感じる事が出来た事業となりました。

 image4

image11

image7

image13

image17

image20

image22

image30

image32

image33

image34

 image35

image38

image39

image43

image42