image33

富士市だョ!青年集合

3月4日(土)拡大まちづくり委員会事業「富士市だョ!青年集合」を開催致しました。地域の青年とJCメンバーがチームを組み「学び」「気付き」「仲間」を持ち帰って頂くため、昼の部と夜の部の2部構成とし、参加合計人数93名と盛大に開催する事が出来ました!
昼の部では入会年数3年以下の若いJCメンバーのうち、7名がチームリーダーに選出され、第一部ではシノハラプロダクション代表篠原陽子氏をお迎えし「スキルアップ研修」と題し、コミュニケーション力や人前での話し方などを学びました。
そして第二部では富士市長小長井義正氏をお招きし、現在の富士市の課題と富士市の未来について直接語って頂きました。市長からのメッセージを受けて各チームで「若者が住みたいと思える魅力的な富士市にする為には」というテーマでアイディアを出し合い、チーム発表まで行いました。審査員には小長井市長、篠原先生をはじめ、富士青年会議所の現役メンバーでもある市議会議員の小池義治君、下田良秀君、前衆議院議員吉川赳君、そして理事長大草忠政君が行いました。
どのチームも短時間で素晴らしいアイディアを出して頂き、優秀賞が2点選ばれました。
① チームジャスティス「富士山麓のあったか子育て~君はひとりじゃない~」
② 富士Eチーム「社会資本のイノベーション」
 この2つのアイディアは、実現性も高く今後の富士市のまちづくりにも生かせるものでした!
昼の部はこうしたチームでの関わりが多かったため、会場全体にとても笑顔が多く、参加して頂いた方がすぐに打ち解け多くの仲間を持ちかえる事が出来たのではないかと思います。
そして会場をロゼシアターレセプションホールに移し夜の部が行われました。多くの青年の繋がりを作る為、昼の部からの参加者は更に盛り上がり、夜の部から参加した方もその輪に入って大いに盛り上がりました。そして夜の部では、同世代で頑張っているまちの青年として「富士山若手交流会」の代表宮川君「ふじまる」代表中田さんに現在の活動をお話頂きました。同世代の若者の活躍はやはり刺激を受けました。
最後は今日1日を振り返るメッセージ映像を流し、副理事長櫻井新一君の熱いメッセージで締めくくられました。
 今回の事業は青年会議所3信条「トレーニング」「サービス」「フレンドシップ」を取り入れた内容となっており、同世代の多くの青年に体感していただけたのではないかと思います。また富士市の問題は我々青年の問題であり、私達の世代がこのまちの未来を創っていかなければならない事を改めて感じる事が出来た事業となりました。

 image4

image11

image7

image13

image17

image20

image22

image30

image32

image33

image34

 image35

image38

image39

image43

image42